こぎん刺繍

2010年7月 8日 (木)

こぎん刺繍で爪楊枝ケース

超久し振りの「こぎん刺繍」

最後の投稿が。。。2008年11月でした。( ̄Д ̄;;

その間、着手したものの 途中で中断しているものが・・・

どんどこ出てきて自分でもビックリ!!

やはり年々、目が見えずらくなってしまい遠のいていました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回は気持ちも新たに♪・・・あまり根をつめない様な物。

エアコンが よーく効いたお部屋でチクチクと♪

あとは、厚紙を使ってカルトナージュの作業みたいでした。

「爪楊枝ケース」・・・無我夢中になって全部で12個。

まるで!何かに取り付かれたか?の様に沢山 作成。

Photo

紺色の白糸以外は青森を訪れた際、購入してきた

林檎の草木染の糸です。「あ~青森、懐かしい~~」

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今朝は ようやくお日様に会えましたが、凄く暑い東京です。

昨日の Tea Time♪

Photo_3

お花✿アジサイ:青額

coffee ✿水出しアイスコーヒー

絵本✿わたしのワンピース(夢があって素敵なお話です)

| | コメント (4)

2008年11月23日 (日)

こぎん刺繍のコースターと栞

 3連休の真っ只中ですが如何?お過ごしですか?

最近、こぎん刺しから遠のいていた事に気が付き、

お気に入りの図案を見ながら久々にチクチクしました。

コレって本当は周りをフリンジにしたかったんだけど

マミー♪かなり苦手で、結局、フリンジもどきにしちゃっいました!

                ↓

Photo_2

紺色に刺してある糸は「林檎の草木染糸」です。

自然な風合いが気にいっています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 昨日、牛のスネ肉が、とてもお買い得で・・・

        「今夜は特製ビーフシチュー!!」

と、意気込みましたが、カロリーを気にして途中で変更。

刺繍をしながら3時間コトコト煮込んで暖まりながら

       「土手味噌焼き」を作りました。

このベトナム製の「とんぼの器」が気に入っているの~♪

フーミン:「味噌味のシチューも旨いな!」 ( ̄○ ̄;)!

   もちろん思い込ませたままにしてあります。bleah

Photo_2

| | コメント (12)

2008年8月 8日 (金)

こぎん刺繍のティシュケースカバー

小さな小物だけど・・・コレは刺繍するのに根性が要ったdash

連続模様のくり返しで、一目間違えると全部ほどかなくちゃ

いけないし、同じ柄ばかりだと飽きてきちゃうのsweat01その間

他のことをしてリフレッシュしつつ、結果的に5月から始めて、

4ヶ月かかってようやく仕立てて、やっと完成しましたnote

右は自分のラッキーカラーの赤と緑で~shine

左は黄緑と紫で爽やかに~~~夏用&冬用。

こんな感じで~すconfident

Photo_5

それからピンクッションも作ってみたのです。

これは津軽弁で「テコナ」という模様⇔「蝶々」こぎん刺しの

模様って自然で生活に密着していて可愛いの~~~

自分では結構、気にいっています。lovely

Photo_11

昨夜は夜食に・・・「やっぱり夏は焼きおにぎりよね~」

前に友人がチーズを乗せてチンすると美味しいよー。

と教えてもらった時は「えーっマジ?」って驚いたけど!

やってみたら美味しかったdeliciousでもね・・・

焼いている間の暑かったことったらなかったわぁーsweat01

サラダは「きゅうりと茹サツマイモ」をマヨネーズと塩コショウ

&粒マスタードで合えただけのものだけど美味しかった♪

Photo

| | コメント (8)

2008年7月15日 (火)

こぎん刺繍の扇子ケース&郷土料理

6月にも作った「扇子ケース」だけど・・・

今回はこぎん刺繍でトライしてみましたnote

刺繍部分は結構すいすいといったのだけど

がま口金で仕上げたら~w(゚o゚;)w大失敗してしまい・・・

気を取り直して、バイアステープで口を包んでボタンにヒモという

デザインに~しかしこんなたくさんの扇子はないな・・・Σ(´□`)

こんな感じです。

Photo_10

そして・今日は青森県の名物「けの汁」と山形県名物「だっし」

を作ってみました~。「けの汁」はこの間青森を旅した時に

知ったもので山菜や季節の野菜がふんだんの「味噌汁」です。

「だっし」に絶対に必要なのは「大葉とがごめ昆布」あとは好みの

野菜をみじんきりにするだけです。今回は「胡瓜・茄子・みょうが」

などを使い松前漬けの様にがごめ昆布でトロトロに混ぜて~

味付けは塩と好みで醤油だけです。

今回は冷奴に乗せたけど白いご飯がすすむんですsign01

Photo

左下のは「白アスパラとグリーンアスパラ」のツナマヨ和えです。

ホクホクしてて美味しかった~~~delicious

鳥の塩から揚げも美味しかったーbleah

| | コメント (6)

2008年7月 1日 (火)

こぎん刺繍のトートバック&レシピBox

今日からいよいよ7月に突入!早いよね~sign03

これは通販の図案でチクチクした刺繍です。

バネポーチにするはずが・・・なんか他に活かせないかな?

(↑素直じゃあないよねcoldsweats01)でーーー!

「トートバック」のポケットにしてみたscissors

バックは8番帆布【ハンプ】(厚い)で作ったので

縫うのは大変だったけどsweat01かなり頑丈に出来ました!

Photo_12

この図案、布&糸も色違いで2つも刺してみたの。もう一つは

以前から家にあった市販の「レシピBOX」にカバーリングして

こんな感じにしてみた!

Photo_5

刺繍したのが、もう一個あるの!今度はどんなのにしようかな?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして昨日の夕飯は~お友達のぷあさんに教わった

「ヘルシーメンチカツ梅風味」を早速作ってみました!!

大葉もあったので入れちゃった~コレshineヘルシーだし

あっさりしていてとっても美味しかったでーす(#^ー゚)v

Photo

美味しい【レシピ】をありがとうlovely

| | コメント (8)

2008年6月10日 (火)

こぎん刺繍のグラニーバック

何度も何度もくり返し間違え・・・ほどくのが大変な作業

だったけど、やっとこぎん刺繍が完成したconfident

何に仕上げようかな?とかなり悩んだんだけど・・・

やっぱりバックにしちゃったsign01っていうか?バックのフタの

部分に使用。同じグリーンの生地で作ると、

ちょいダサくなるかな?

と思って「からし色のチェックのリネン」を選んでみました。

今回は接着芯でなくキルト綿を入れてふんわりさせてみたのnote

うーん。自分では気にいっているんだけどセンスがいいのか?

悪いのか?よく・・・わからないのが正直な気持ちです。

でも使い心地がいいから、「まぁいっかー?」と自己満足しています。

↓こんな感じです

Photo_3

サイズは、雑誌が丁度はいる大きさです。くちはゴム使用に!

フタをひらいたところです。

Photo_4

| | コメント (8)

2008年5月28日 (水)

青森の旅~後編

2日目は板柳町にある「りんごのふるさとセンター」へ行きました。

お目当てはapple林檎の草木染めこぎん糸appleの購入。でもね・・・

気がついたら「草木染め体験」に参加していた~happy01

(・・)(。。)(・・)(。。)ハイハイ。と説明を聞き自分たちで色々と考えて

テーブルセンターを染めることに決定。コレが染める前の状態。

Photo

上のがフーミンで下のが私のです。染めない処はこうして

紐で結んでおくの。そして染めているところ!

2

右が林檎の若葉で、左のが林檎の枝です。どんな色に染まるか?

一時間待って~はーい。仕上がりました(^^)/こんな優しい色合いに

なって大感動しました~~~(v^ー°)

Photo_3

左のピンク色のが私ので右のがフーミンのですeye

実は真ん中のしぼりの部分をもっと大きな柄にしたかったんだけど

両端の「ストライプ」の線を出すのに一生懸命で忘れてしまった私。

旅のいい思い出になりました。そして草木染めの「こぎん糸」を購入。

Photo_4

自然で優しい色あいに心惹かれました~shine

そして翌日は青森市まで国道で移動。地元の農協の集まりの市場に

入れて戴きブルーベリーのジェラードを堪能し~マジ美味しかったです☆

Photo_5

「ふくろうの里」でうちの子自慢のお話を聞いたりして・・・みんな

自分の農家を守ってくれている「ふくろう」が一番可愛いらしいの。

ゆったり移動してパーッと広がったこの海。そうです。本州最北。

陸奥湾です。まー感動感動。大感動~~~まさか本当にココまで

来られるとは思っていなかったから喜びもひとしおでした!!!

Photo_6

なんだかこの時ね。旅って人生に似ているなぁー?って感じたの。

私らしくないかも知れないけど・・・イロイロな周り道をしたり

立ち止まったりしても、やがては道が開けるもの。ってねheart04

これからも何事もあきらめずに自然体で心素直に生きていきたい

って思いました。

この日は海岸線の温泉にひたり美味しい海の幸を堪能し・・・

あーっ!今回はほんと食べ物の写真を忘れてしまいました。

食べることについ夢中になっちゃってね・・・wink

ゆったりと帰京いたしました。

| | コメント (10)

2008年5月26日 (月)

青森の旅~前編

はじめの一泊目は宮城県のビジネスホテルで・・・

昼についた私達は何故か?ホームセンター・ファッションセンター

などのハシゴして遊園地なみの規模に大感動lovely

夕食は地元の回転寿司店で・・・これまた鮮度が良くネタの

素晴らしさに舌鼓をうって、つい写真を写すのさえ忘れてしまった。

青森では山の頂上にあるリゾートホテルにまず2泊した~。

編み猫の「名前」が決まりましたheart02shineポパイとオリーブshine」です。

早速「津軽平野を眺めるポパイ&オリーブ」肉眼では岩木山が

見えているんだけど・・・写真には写らなくて残念sweat01

7月~9月の澄み切ったお天気の時は北海道まで見えるらしい。

Photo

この後、街へ出てお茶して・・・目の前に「手芸屋さん」が

あったから寄ってみたのね。そしたら(゚〇゚;)まるで当たり前の

ように「こぎん刺し」の材料が売っているのよ。もう感動しまくりで

糸!糸!糸!でこんなにも沢山の糸をゲットして幸せ~confident

東京では「こぎん刺し」って言うと必ずお店のヒトに「はぁー?」

って聞かれちゃうもの。。。

Photo_2

Photo_3

そしてこの日は予約していた「弘前こぎん研究所」へ・・・

Photo_4

ここで感じたことは「こぎん刺し」の繊細さでした。麻布も

ココでしか扱わないものを注文しているという拘りで

刺しているのも見学させてもらったけど・・・「まぁー早い早い」

目がなかなか追いつかなかったものー。

作品を購入出来ると聞き・・・こちらの素敵なものをゲットしました。

Photo_5

「こぎん刺し」と一言でいっても流派とかあるらしく、この研究所

の作品を色々見せてもらったことは強く思い出に残るなぁ?と思った!

こんな感じで一日目を

過ごしたんだけど行く先々で「こぎん刺し」のことを聞くと・・・

津軽のヒトは「こぎん刺し」が出来るっていうのは

津軽のヒトはみんな津軽三味線を弾けるって事と同じ位の

誤解だったらしいのよ~coldsweats01

この日もホテルに帰って刺繍して過ごしました!

うふふ。スタンド持参で行きました~scissors

| | コメント (14)

2008年5月24日 (土)

弘前市の理髪店

青森県から帰ってきました~happy01はじめに印象に残った

「理髪店」を紹介します。青森県に着き信号待ちをしていて

とっさに飛び込んできたこのレトロな佇まいの建物eye

これはsign03カメラcameraに撮りたいという一心で車から降りていた。

Photo

中に入ると・・・まるでタイムスリップしたかのような趣があって・・・

Photo_2

経営されているのはこの道・・・50年以上のベテランのつやさんshine

とっても笑顔の素敵な方で色々なお話を聞かせて戴いて

楽しくて午前中いっぱいココで過ごしてしまいました。

Photo_3

お店には素敵な物がたくさんあって・・・

ストーブを焚いて蒸しタオルを作る道具。タイルも味わいが

あるでしょ?

Photo_4

そして瞬間湯沸かし器のない時代に「墨」を燃やしてお湯を

出したなごりの器具も残したままで・・・

Photo_5

理髪台はこの通り・・・まるで映画のワンシーンにでてきそう~

Photo_6

今では見かけることが出来ない洗剤置きもお洒落~

Photo_7

お店の片隅には北国らしくコート掛けがさりげに・・・

Photo_8

| | コメント (10)

2008年5月14日 (水)

こぎん刺繍のがま口&青森へ

20年以上、大切に持っている小さなポーチコレ↓です!

Photo

何だかとても素朴な感じでしょ?でもsign03図案なるものが

なくてsweat02根性だしてよーく見ながら手書きした~shine

何とかイケそうな感じ~(老眼の進んだ今、大変な作業でした)

図案の名前は「フクベ」というらしいの。

Photo_2

楽しくチクチクして出来上がり~~~note

ポーチと同じにしたかったけど難しそうだから【がま口】に

してみました。結構使い心地がいいんです(*^▽^*)

Photo_5

そしてsign01明日からこぎん刺しの故郷である青森へ

とうとう旅立ちます。こんなにも遠出の旅は数十年ぶりのこと。

しかも車rvcarです!!無事に到着したら「津軽海峡冬景色」と

「津軽恋女」を熱唱してきまーす。

5泊6日の旅・・・行って参りまっす(☆_☆)

| | コメント (10)

より以前の記事一覧