«  定食生活はじめました | トップページ |  冬至かぼちゃ »

2015年12月17日 (木)

 献立に濃淡をつける

定食生活を始めてから、先ず献立に悩む悩む。sweat01
摂取するべき食材を決めてから、沢山のおかずを少量ずつ調理する。
一日中、献立で、頭がいっぱいになってしまった!coldsweats01

撮影できた物より、出来なかった“おうちごはん”の方が大半を占めているが
自分の頑張りを残したくて・・・アップ。然し、まだまだ未熟だわ。

Photo_5最近 作った“おうちごはん”の記録Photo_6

=自家製:皮なし鶏胸肉のハム定食=
付け合せに、ブロッコリー&ミニトマト・根菜の味噌汁
ピーマン/人参/豚もも赤身のキンピラ・里芋の煮っ転がし2個

※ 全てのおかずが薄味だと、ぼやけた食事になるので
   味付けに、濃淡さを出すように心がけている。

Photo_2
Dot

=豚ひれ肉のレモン塩ダレソースかけ=
トマト・ブロッコリー添え
蕪と鶏ミンチの餡かけ煮・厚揚げと野菜の煮浸し・けんちん汁(小松菜入り)

Photo_3
Dot

=豆腐&鶏ミンチのヘルシーハンバーグ定食=
おろし蓮根をつなぎにして。
あとは、豚モモ肉と野菜のすき焼き風・白菜芯のキンピラ

Photo_4

Dot

=牛蒡・人参・蕪の葉のピリ辛炒め煮=
食事に濃淡をつける為に、考えて作ってみた煮物。とても美味しかった♪
味は薄味だが、ピリ辛味にする事によって献立のアクセントになる。

=覚書=
牛蒡は乱切りにし薄い酢水に晒し、そのまま柔らかくなるまで茹でる。
※ 薄い酢水に浸すのは、アクをとるだけでなく、色がキレイに仕上がる。
人参も乱切り。鍋にゴマ油を熱し、にんにくの微塵切り少々を弱火で
香りがたつまで炒め、そこに豆板醤。次に長葱の微塵切り、生姜の微塵切りを
入れ炒め、人参、下茹でした牛蒡を炒め合わせる。全体に火が回ったら
ひたひたになる位の出し汁を入れ、
再び煮立ったら砂糖、酒を入れて大体5分位煮る。
次に醤油を入れ落し蓋をして、汁気がなくなるまでコトコト煮て、最後にみりんを入れ
火を強めたところに、下茹でしておいた、蕪の葉を入れて出来上がり。
※ 蕪の葉でなくても、小松菜など身近な野菜でOK。

Photo

Dot

=ジンギスカン定食=ラムモモ肉
温奴・里芋/牛蒡など根菜類の煮物・メカブ

Photo_5
Dot

=真鯛切り身の塩焼き定食=
すき焼き風の残り物・煮物の残り物・きんぴら牛蒡

Photo_6

|

«  定食生活はじめました | トップページ |  冬至かぼちゃ »

おうちごはん」カテゴリの記事