« 真夏に備える | トップページ | 初夏の花便りPt.Ⅴ »

沙羅の近況

我が家の次女:沙羅(ネコ・14歳)の近況です。
先週はじめの事です。いつもの沙羅と、明らかに、様子が変化してきました。
普段は、しっかり者で、機敏な子なのに、うつらうつら・・・し始め、
その後、沙羅、猫生初の失禁をしてしまいました。
すぐに動物病院に連れていき、診てもらい、検査したところ・・・
腎臓に石が確認されました。
若い子だったら、即刻、手術という状態らしいのですが
年齢が14歳。人間の年齢に、換算すると、86歳~100歳と高齢です。
あまりにもリスクが大きいので、手術は避け、投薬治療になりました。

帰宅してから、ショックで、暫らく、大泣きしてしまいました。
沙羅は、私にとって、かけがえの無い子でして・・・
姿こそ、猫ですが、私には大事な大事な娘です。

投薬を通して、少しづつ症状が安定してきましたが
常時、オムツ生活になってしまいました。
沙羅自身は「オムツ」をすることに、全く抵抗がなく、
むしろ「この方が安心だわ」と、普段通り、明るく活発に過ごしています。

ただ、ノアとの関係が・・・大変なことになってしまいました。
ノアは、「沙羅の失禁」「縄張りを主張している」と、勘違いしてしまい
これまで仲良しだった沙羅を見ただけで「フギャー」と大騒ぎする始末。
このままでは、沙羅にも可哀想だし、ご近所に迷惑が掛るので
沙羅とノアは、1階と2階とに、分けて過ごすことになりました。
でも、これも、お互いのストレスになるらしくて
私は、双方の間を、行ったり来たりして、慌ただしい日々になりました。
言葉が通じるので有れば、ノアに言い聞かせられるのですが
ノアには、やはり理解することが、難しいらしく、困惑しています。

少しでも多くの時間を、沙羅に寄り添って居たいので
ノアには我慢してもらう事になりました。
沙羅は、お薬の効果も現われ、調子も、良好らしく
とにかく、ママのことが大好きな子なので
二人で寄り添いながら暮らしています。

一方、「事なかれ主義のサブやん」最初は、二人の争い事に
巻き込まれるのがイヤで、逃げ隠れしていましたが
やっぱり、お姉ちゃんの事が心配な様子。
日に何度も、沙羅の居る部屋にお見舞いに来てくれています。

私も、現実から、眼を背かず、沙羅との生活を大切にと、思っています。
こちらは、今日の沙羅。親馬鹿ですが、病気とは思えないほどキュートです。

Photo

|

« 真夏に備える | トップページ | 初夏の花便りPt.Ⅴ »

にゃあご」カテゴリの記事