« パンマット*ピロシキと3色パン | トップページ | Noah*お世話係りになりました »

備え有れば憂い無し

文科省が3月7日に発表した首都直下型地震。

近々いつ起きてもおかしくないとの事。

更なる詳細は今週中に発表されるらしいですね。

東日本大震災を境に我が家でも毎月 少しずつ保存食など購入してきました。

それまでは心配しても不安がっても「成る様にしか成らない」と思っていましたが

いよいよ差し迫ってくると、やはり「備え有れば憂い無し」と気持ちが変化し

家は古い木造住宅なので、全倒壊する可能性があります。

また東京がパニック状態に陥れば、車椅子での移動は厳しいです。

万が一、助り 半倒壊であればココで過ごすしかありません。

ここ数日 夫と話し合い、家具を柱に釘で打ち込んだり

落下するものは すべて取り除き、念には念を入れて・・・頑張りました。

私は整理整頓したり子供達(にゃあご)の対策を練りました。揺れがきたら

取り合えず大きなゲージに入れて自分たちも何かに摑まることに。

行政側の指導によると首輪に飼い主の氏名・TEL番号・住所を書き、

写真も必ず持っていて下さいとの事。あとは

保存食をまとめたり必要になるラジオ・懐中電灯・電池等々を揃えていました。

まだ万全ではありませんが、ここまで備えても駄目だった場合は

悔いが残らないでしょう!と少し安堵しました。

明治時代に日本橋で生まれ育った祖母も関東大震災を経験しました。

とにかく大きな柱に摑まっていなければ身体が振り切れそうだったと・・・

その当時の怖ろしい話は熱心に聞いていました。ただ祖母の住まいは

明治の建造物にもかかわらず幸いなこと倒壊しなかったというので

一部の望みを託そうかと思います。

後は、普段通りに過ごしていくつもりです。

↓ ベッド下:収納箱に必要と思われるものを分けれ入れました。

   この奥に水などを備蓄してあります。

1 2

|

« パンマット*ピロシキと3色パン | トップページ | Noah*お世話係りになりました »

日記」カテゴリの記事