« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

普段使いのカトラリーBOX

カルトナージュで「カトラリーBOXを作る」ということは

見聞きしたのですが、我が家はもっぱら和食が多く・・・

(カトラリーセットは持っているものの既に箱に入っているし・・・)

暮らしの中に溶け込み、いつもテーブルに置いて使える物を

ずーっと考えていました。

そんな時に頭に浮かんだのが「お蕎麦屋さんの箸箱」flair

上が透明になっているアレです。今回はガラスは使わず

アクリル板を使いました。仕上がったのが、こちらです。

A_2

2段になってます。

以前から上下の柄を合わせる事に挑戦してみたかったのです。

B

スライドして上段が後へと開きます。

一番 苦心したのが・・・両サイドの金具の様なもの。

さんざん探しましたが、思った物が見つからず・・・crying

細かな作業が得意な夫にアクリル板を使って加工してもらいました。

C

お箸や箸置きを上段に♪

木のスプーンやフォークを下段に入れてみたところです。

D

既に使用し始めています。テーブルに、すっかり馴染み

使いやすくて手放せないアイテムになりました♪

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【昨日28日:午後4時・雨上がりの空】

雲が、西から東へ流れゆく様子。眺めていたら

何だかウキウキして楽しかったです~♪

Photo

| | コメント (8)

モコモコ手提げBAG

ちょっと手作りの記事が溜まっていまして・・・

何件か?続いてしまいます。m(*- -*)m

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

小さめですが冬のお散歩の際、ササッ!と持てそうな

手提げBAGを作っていました。

白くてモコモコの生地はマイクロベルボア。ミクロの繊維で

ホコリを寄せ付けません。

とても気に入っている紺色のチェック生地と

フランス詩集からの言葉のタグは「ec rulat lyceenne」の物。

A

BAGを裏返して撮影

あまり邪魔にならないように、ポケットを付けてみました。

B

タグのUPです。

「雪の結晶が描かれたボタン」も付けて♪

Photo_4

ご訪問ありがとうございます。

今回のコメント欄、閉じます。

|

ラミネートで秋冬グラニーバッグ

ちょっと手作りの記事が溜まっていまして・・・

何件か?続いてしまいます。m(*- -*)m

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今年の秋冬:新作バッグ♪9月中旬に仕上っていました。

ラミネートなので一年中 活躍しそうです♪

実はこのバッグ。一度は、めでたく完成したんですが、どうしても

サイズに納得がいかず・・・全部ほどいて、始めからやり直し!

↑ この作業に丸2日間。。。しんどいものでありました。トホホsweat01

使用した生地はソレイアード:ツヤ消しラミネート

* La Fleur de Maussane*

古代ローマ街道上に位置するモーサンヌの村

咲く花をイメージしたモチーフの生地です。

表両サイドにのみ、タック付きポケットがあります。

(おおよそのサイズ:H27cm・W41cm・マチ巾14cm)

A

ファスナー付け・・・難しかったです~~coldsweats01  

B

タグのUP。フランス詩集からの言葉が冬らしいでしょう?

Photo_2

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

見た目はイマイチですが、バッグを裏に返して撮影 camera

片面は、

いつものタック付きポケット&ナスカン付きキーホルダー掛け。

A

もう片面は、ストーンと裏に落ちるタイプに初挑戦。

これだとバッグの中がごわついたりしないので良いかな?

今後も引き続き、トライするつもりです♪

B

ご訪問ありがとうございます。

今回のコメント欄、閉じます。

|

秋の訪れ

今年は猛暑だった影響か?

一足遅く咲いた【彼岸花】 今ちょうど見頃です♪

今日は、夫のふーみんを引き連れて表へ出ましたが・・・

夫  「ママ!あなたの周り!すっごい蚊だらけ・・・L(゚o゚;)」 」

私  「うん。わかってる(^-^;」

完全防備で出ましたが、やはり蚊の餌食になった私です。sweat01

Photo

毎年、写そうと思いながら ついつい忘れてしまっていた

大好きな【ニラの花】

とても小さいのに懸命に咲いている姿が何とも可愛い~❤

Photo_2

こちらは、お友達から届いた可愛い実です。

左:モミジバフウ(From~U.S.A)   右:トチノ実

少しずつ(?)秋の訪れを感じるこの頃です。

Photo_3

| | コメント (6)

蒸し暑かった十五夜

昨日は「中秋の名月」

この時期に蒸し暑いって何だか、妙ですよね!?

夜景を撮るのは、これが初めての試み。午後7時前。

蚊に刺されながらも一応、形だけは写せたという感じです。

この後、雲がどんどん多くなっていきました。

Tuki1_3

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日付が変り、今日は朝から強烈な雨と雷。

肌寒い秋分の日を迎えました。

折角の祝日だというのに!お出掛けの方は大変でしたね。

私は先週からイロイロな作業に没頭しています。

今日のことです。

ママを待つサブやんに・・・添い寝してあげている沙羅。

相変わらず優しいお姉ちゃんです。(/_;)ウルウル。

Sarasabua

暫く経ち・・・どうやら沙羅も、眠たい様子。それでも・・・

必死で起きていようとする気持ちが、この表情から読み取れまして

沙羅には申し訳ないけど、何だか・・・笑えるお顔になっていました。

Sarasabub

| | コメント (6)

来年のカレンダー*9月編

9月を思うと・・・はじめ・・・

頭の中が、コスモス一色になっていました。然しながら

コスモスを押花にした物は無く、悩んでいました。

 そこで! 思いきって発想をガラリと転換!!

涼しい秋をイメージして黒い画用紙で窓枠らしきものを作り、

白い和紙に付けました。

使った押花は、黄オレンジのプリムラ&ハツユキカズラの蔓。

周りに置いた白くて小さいお花はユキヤナギです。

アンティーク切手もポイントに♪

こんな感じで完成しました。o(*^ー ^*)o

9

自画自賛ですが、とても気に入り満足しています。

| | コメント (6)

花ちゃんに沢山のありがとうを言いたくて

花ちゃんが天国へ旅立ってから明日で、一年が経ちます。

この一年間、

花ちゃんと出逢った時のことや一緒に過ごした日々の出来事。

いっぱい想いだしていました。

花ちゃんと出逢ってから・・・14年の歳月。

花ちゃんの穏やかな表情を見る度に

「あー神様。どうかこの瞬間が、永遠でありますように・・・」と

お祈りしていたことが幾度もありました。

花ちゃんが居てくれたからこそ、私は一生懸命に生きる事が出来た

と言っても過言ではありません。

      **********************************

花ちゃんが息を引き取った時、

庭では彼岸花が燃えるように美しく、満開でした。

正直いうと

「これから彼岸花が咲くたびに哀しい気持ちになるのかしら?」

って怖かったのです。でも、この頃・・・きっと花ちゃん。

「彼岸花はママが一番好きなお花」ということを分かっていて、

この時期にママが寂しくならないように

察してくれた上の事だと悟りました。

黒白のブチだった花ちゃん。赤がとっても良く似合う子でした。

【花ちゃん:満2歳の時】

昔のフィルムからスキャン。いつも きちんと、お座りしているので

よく「まるで皇太子妃雅子さまみたいね」と言われていました。

Hana

【花ちゃん:満5歳の時】

サンルームにて、妹の沙羅と日向ぼっこ♪

Hana1

| | コメント (6)

かしわ飯風&沙羅ぶとん

今朝、テレビでチラッと「かしわ飯」を見てしまった私。。。

その後、頭の中が・・・ずっと・・・

かしわ飯一色になってしまいました。sweat01

なので夕食は【かしわ飯・風】です。

結構、情報に翻弄され易い人間です。coldsweats01

本場のものとは、だいぶ違うとは思いますが

炊き立てのご飯に、少し濃い目に味付けした

鶏肉が絶妙。物凄く美味しかったです。

無性に食べたくなることって有りますよね?

Photo

こちらは【揚げ茄子とトマトのガーリックマリネ】

自家製ガーリックチップを乗せて♪

Photo_2

今日は出費なし。とても嬉しい一日でした!o(*^ー ^*)o

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

=話題 変り=

昨日は、とても肌寒い東京でした。冬場になると

よく見かける光景ですが、昨夜は・・・早くも!!!

寒がりサブやんの為に、沙羅が布団になってあげていました。

Photo_3

寒暖の差が激しいです。皆さん、ご自愛下さいね。

| | コメント (8)

にゃあごのお膳BOX

「にゃあごの食事」人間と同じで腰や首を曲げて食べる事って

大変そうで、これまでガーデニング用アイアン製:鉢置きで

凌いでいました。でもこれじゃあまだ少し辛そう。sweat01

0

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

そこで!!

カルトナージュで「にゃあごのお膳BOX」を作ってみました。

真ん中に、まあるく穴を開けまして、お皿を乗せられる仕様に。

生地は、水にも汚れにも強いラミネート。

こんな感じで完成しました♪

1

いよいよ!!沙羅&サブやん❤お食事タイム

これだと無理がなく食べやすそう。ママもとても嬉しいわ~lovely

2

だいぶ前に購入した「ネコ形マット」

もうボロボロになっているんです。でもコレがお気に入りなので

このまま型紙をとって、いつか作ってみようかと思っています。

| | コメント (8)

オレンジ色のフラットカーテン

最近「好きな色は?」と聞かれると必ず答えてしまうのが

「オレンジ色」

30代後半までは、すべてが「ブルー&ブラック」の2色でした。

色の好みって年を重ねる毎に変るとは・・・聞いてはいましたが

まさか!自分が・・・なんて意外にさえ感じています。

レッド系やピンク系も大好きになりました♪

皆さんの「好きな色」も是非 教えて下さい。(^ー^)ノ~~

洋服だったら何色系?インテリアだったら何色系?などなど

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今回「カーテン作り」に初挑戦していました♪

と言っても、かなり手抜きです。coldsweats01四方を縫っただけの代物です。

一応、それぞれ下両サイドに「重し」が入っています。

1

今は便利な【カーテンテープ】があるんですね。

フラットカーテンですが、お陰でラクラク作る事が出来ました。

2

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

=話題変り=

お風呂上りの沙羅cat

以前は・・・お風呂と言うと嫌がって大騒ぎでしたが

今日は大人しく、しかも気持ち良さそうにしていました。

ネコも、さっぱりしたかったんですね。

その後、スヤスヤ眠っている我が娘・・・

ぷにゅぷにゅした肉球に触ると、とても喜びます。lovely

Photo

| | コメント (4)

木屋の鋏~団十郎&Working Room

刃物で有名な「日本橋・木屋」

調理包丁などは、昔から「木屋さんの物」

と(特に祖母が)決め込んで、長年に渡り愛用しているのですが、

お裁縫に関しては、まだまだ初心者。

始めてから3年経った頃から「木屋さんの鋏」が欲しくなりまして。

それから又 3年の歳月が流れて・・・

この度!清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入。(ちょっと大袈裟)

右は、裁ち鋏。左は、握り鋏。

Photo_3

やはり・・・凄いです。抜群の切れ味。使い心地はしなやかです。

今は、ロータリーカッターと鋏と使い分けていますが

お陰で効率UPできそうです。

初心に戻り「シンプルな巾着袋・3サイズ」を作成。

Photo_4

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

毎回 作ったものはUPしていますが作っている場所をUPした

事がないので、一部だけご紹介。(*^.^*)

ココは、ミシンとアイロンがけをする作業台です。

(365日・24時間 こういう状態です)

部屋のど真ん中に置いて作業しています。

(広々していないと駄目なんです)

向こうに見える机で生地の裁断をしたり、カルトナージュの

厚紙を切ったり組み立てたりしています。

Photo

| | コメント (6)

ウォールフック作り

前回に引き続いて・・・ウォールフックを作りました♪

フックは約10年ほど前に購入して今まで大事にしていた物。

磁器製のナンバープレートは STUDIO M’さんの物。

板を壁に固定する際の、ビス隠しの為に用いました。

(因みに「7&2」は自分のラッキーナンバーです)

1_2

こんな雰囲気に仕上がりました。

2_2

いちおう 棚とお対です♪

固定したビスが見えないことが、ちょこっとだけ自慢。(*^.^*)エヘッ

3_2

製作時間:電ドルに充電する時間を含め(笑)約1時間半

製作費: 1.300円

内訳: 板 550円 ナンバープレート 250円×3

(フックは?かなり昔に購入した物なので不明です)

| | コメント (7)

棚作り

少し涼しくなってから・・・と思っていました棚作りです。

が!!今年の熱帯夜は、お彼岸まで続くらしいですね・・・

真夏日は10月いっぱい続き、涼しくなるのは11月~との予報。

もう待っていられないのでエアコンをガンガンきかせながら

設置してみました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

選んだ木材は【OLD ASHIBAシリーズ】

建設現場で使われる杉足場板を再利用したものを

塗装せず、そのまま使用。

飾り棚ではなく、実用的なものを置く為の棚です。

板の厚みは35mm

1

アイアンブラケット*棚受けは

ずっしり重厚感のある「小鳥さん」を選びました。

2

床から、163cmの高さです。

サイズ:横幅 1m 奥行き 24cm

板を固定して、出来上がり。(^ー^)ノ~~

3

早速「何か置いてみよう!」と思っていたらサブやんが

たらたら~スリスリ~と来たので、乗せてあげました。

やはり猫は、高い所が好きなようで 暫く周囲を見回して嬉しそう。

4

製作時間: 約1時間

製作費 : 3.160円

内訳: 棚板 1600円  

     アイアンブラケット*棚受け 780円×2

これに合わせて ウォールフックを製作する予定です。

| | コメント (8)

太巻きサブやん

昨夜 TVを見ていたら

三重県の慣わしで、赤ちゃんの命名式の際

布団を巻いた中に赤ちゃんを入れると言うのを

やっていました。見ていましたら、入れる前の赤ちゃんは

少し泣いたりしているのですが入れると、落ち着いて

眠っていて、その姿が何とも可愛らしいものでした。

=生涯、着る物・寝る物に困らないようにという意味らしいです=

そこで!!我が家では永遠の赤ちゃん。

サブやんが喜びそう。ちょっと試してみました。(笑)

意志の強い沙羅だったら、絶対に拒みます。

少し戸惑いながらも布団に包まれるサブやん。

サブやん 「にゃあに?」

1

よほど落ち着くみたいで・・・

サブやん 「うーん。きもちがいいにゃあ~」sleepy

2

その後 とうとう・・・このまま眠り続けてしまいました。

かなり・・・マヌケ顔。笑ってあげて下さい。o(*^ー ^*)o

| | コメント (8)

持ち手一体型リバーシブルBag

普段使いに気軽に持てそうな、リバーシブルBagを

お友達にプレゼント。present

既にお届け済みなのでUPしておくことにしました。

今回は芯地は貼らずポケットもあえて付けませんでした。

持ち手一体型のBag。今回、初めて成功しました。

(ちょっと縫製が複雑でして・・・)

片面の生地は、英国製:Dogモチーフ「Scotties」コットン100%

Photo

もう片面は、ハーフリネン:グレーのブロックチェック。

0

このタグ。凄く可愛くて一目惚れしてしまいました。lovely

Photo

| | コメント (6)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »