« 桃の節句 | トップページ | 春のダイアリーカバー&クリップボード »

2009年3月 5日 (木)

浜省最終回=J・BOY=

※ 不本意ながら浜省の記事は

  今回で最終回にすることにしました。

去年、ココログの大規模なリニューアルがあり、その結果

音楽をダウンロードすることが出来なくなってしまったの。(泣) 

 動画なら続けられるんだけど

「PCが重たくなるのはな~?」と悩んだ末のこと。

最後なのに内容が(↓)少し重たい。スミマセン。m(__)m

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

私は、J・Gだったけど、若い頃・・・

働き疲れて病に伏した時に、心の中で叫ぶ様に

歌っていた今でも忘れられない一曲です。

 過酷な長時間勤務。休みは殆どなく

疲労困憊して倒れ、声までも失い当時はもう一生涯

声が出ないものと悲観して暮していた。

 入院を勧める医師の診断は、自分にも

職場にも届かず・・・鉛の様になった心と体に

ムチをうちながら、通勤する毎日が続いた。

これが更なる重圧になって追い詰められた。

 当時は「これが社会というものなのだから」と

自分に言い聞かせていた。

 今は、身体こそ壊れてしまったけれど

そのことがキッカケで「自由」を入手。

人間の幸せって「心のあり方」だと思える様にもなれた。

 浜省のこの曲に共感すると共に、何度も聴いては

同じ様な思いをしている若者がいる事に励まされていた。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo

現在、戦後最大の不況と称され、多くの人が

職を失い彷徨い歩く時代に変貌した。

 先日、友人から聞いた話だが、勤めている会社が、

この4月から、週休3日に決定したという話を耳にした。

休息は得ることが出来ると思うけど・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 また地球温暖化によって様々な環境が変化し続けている。

今でこそ「エコロジー」という言葉が定着しているが

30年前は誰も、思いも付かない言葉だったはず。

地球全体が、今後更にどう変わっていくのだろうか?

と案じる毎日が続く。

自然界にとっても人間社会にとっても

バランスが保てるような世の中になる事を

祈るのみである。

 

     ~J・BOY~

仕事終わりのベルに

とらわれの心と体 取り返す 夕暮れ時

家路たどる人波

おれはネクタイほどき

時に 理由もなく叫びたくなる 怒りに

J.Boy 掲げてた理想も今は遠く

J.Boy 守るべき誇りも見失い

J.Boy J.Boy 

果てしなく続くサバイバルレース(生存競争) 走り疲れ

家庭も仕事も投げ出し 逝ったアイツ(友人)

そして おれは心の空白 埋めようと

山のような仕事 抱え込んで 凌いでいる

J.Boy 頼りなく豊かなこの国に

J.Boy 何を賭け何を夢見よう J.Boy I`'''m a J.Boy 

午前4時 眠れずに

彼女をベッドに残し

バイクにKey差し込み

闇の中 滑り込む

すべてが 消え去るまで

風を切り 突っ走る

J.Boy 

Shou me your way!

水平線 昇る太陽の中 突き抜けたい

J.Boy 打ち砕け 日常ってやつを

J.Boy 乗り越えろ もう悲しみってやつを

J.Boy J.Boy 

J.Boy 受け止めろ 孤独ってやつを

J.Boy 吹き飛ばせ その空虚ってやつを

J.Boy J.Boy 

※ 長文を読んで下さった方。有難うございました。

Words and Music by Shogo Hamada

|

« 桃の節句 | トップページ | 春のダイアリーカバー&クリップボード »

浜省」カテゴリの記事