« サークルスタイルの布箱 | トップページ | こぎん刺繍のティシュケースカバー »

2008年8月 6日 (水)

八月に思いを寄せること・・・

ブログをはじめてから約1年が経つ!いつも手作りの

記事が多いけど・・・やっぱりブログを書き出したからには

原爆投下、終戦記念日に今尚、思いを寄せる気持ちは

書かずにはいられない。今の日本・過去の日本そして

未来の日本を考えると、8月は日本人として忘れることの

出来ない月だと思っている。今は原油価格の高騰で

日本のみならず世界中が常軌を逸してしまっている。

いったい何処の国がコトの発端なんだか・・・?

 今の世の中に「平和」を感じることってある?

 戦争が齎した悲劇そして犠牲になった多くの命。今の私達の

生活は、その困難を乗り越えてきた人達の懸命な努力と忍耐

希望を繋いできたからこそあるものと実感する。

 そして、その「希望」を未来へ託すのは現在・政権を

 担っているヒト達の大事な役目ではないのだろうか?

 私は早くに父親と別れ実質的には亡き祖父母が両親だった。

食事の時に、必ず話題になるのが「戦争の話」だった。

終戦の年にお爺ちゃんの弟(叔父)が、当時:日本が勝手に

呼んでいた大宮島(現)グアム島で家族を残したまま戦死した。

叔母と子供達は、主の帰りを待ち広島で被爆し亡くなった。

曽祖父は疎開先で病に倒れ亡くなった。

それからの生活は、想像を絶する暮らしぶりと聞いて育った。

そしてこの僅か63年間で・・・日本は大きく変貌した。

  然しこれが真の「平和」と呼べるのか?

 問題をあげるとキリがなくなる程の山積みで、ヒトは

明日に希望が持てるのか?今の時点で未来には、どうしても

不安しか佇んでいない気さえしてしまうのは私だけなのかな?

 せめて「当たり前の事」が「当たり前に成される世の中」

になって欲しいと願うばかりの毎日。即、解決でなくても

この国に生まれ育って良かったと、みんなして思えるような

日が訪れることを祈らずにはいられない。そして「戦争のない」

「戦争に協力しない」確かな未来があることを信じたい。

 世界中で唯一、アメリカによって原子爆弾を落とされた国で

生まれ育った者として・・・浜省の平和への願いの深さに日々

共感する者の一人としてこの曲を・・・

=八月の歌=

砂浜で戯れてる 

焼けた肌の女の子達

おれは修理車を工場へ 運んで渋滞の中

TVじゃ この国 豊かだと悩んでる

だけど 俺の暮らしは 何も変わらない

今日もHard rain is fallin.’

心にHard rain is fallin.’

意味もなく年老いてく 

報われず裏切られ

何ひとつ誇りをもてないまま

八月になるたびに”広島-ヒロシマ”の名のもとに

平和を唱えるこの国

アジアに何を償ってきた

俺達が組み立てた車が 

アジアのどこかの街角で

焼かれるニュースを見た

今日もHard rain is fallin.’

心にHard rain is fallin.’

子供等の肩をうつ

飢えてゆく すさんでく

明日への希望など 持てないまま

満たされぬ想い

からまわりの怒り

このからまわりの怒り 

八月の朝はひどく悲しすぎる

no winner .no los’er.ゴールなき闘いに

疲れてあきらめて やがて痛みも麻痺して

mad love. desire.狂気が発火する

暑さのせいさ 

暑さのせいさ

Hard rain is fallin.’

心にhard rain is fallin.’

意味もなく 年老いてく

報われず 裏切られ 

何ひとつ誇りをもてないまま

Words and Music by Shogo Hamada

|

« サークルスタイルの布箱 | トップページ | こぎん刺繍のティシュケースカバー »

浜省」カテゴリの記事

コメント

戦争の話から、現代日本。。。
そして浜省になってるのが、笑っちゃった・・・
真剣な話題なのに笑ってごめーーーん。゚(ノДŭ゚)゚。

本当に、これからの日本はどうなるのかと心配になるよ。
急成長した国っていうのは、中身がないのかもしれないね。
中国も心配だもん・・・
いつか考えもしなかった事態が起きるような気がする。
マミー!国会議員に立候補しなよ。
応援するよ~O(≧∇≦)O

投稿: shizu | 2008年8月 6日 (水) 11時51分

shizuへ

コメありがとう。シビアな記事だから誰もコメくれないかと
思っちゃった~。

>いつか考えもしなかった事態が起きるような気がする。

確かに言えていると思うよ。例えば昨日の東京の「ゲリラ豪雨」
(初耳だけど、このネーミングが既についている)

早朝の目覚めが、雷の音と光だったの。
大雨・洪水警報が出たのは昼になってからだけど・・・
最近マジおかしいよー。天候と同じく何もかもがおかしくなってて
それに気が付かないヒトが多すぎるような気もするの。

「おかしい」ことは「おかしい」って言えなくっちゃね。

マミー♪が国会議員???あはは。無謀すぎだよ。

投稿: マミー♪ | 2008年8月 6日 (水) 15時44分

もうね~何もかもがおかしい!!!
気候も変だし。。。。

今の世の中は平和だとは思う。
でもそれは、自分が日々生活してる中だけで思う事であって
真の平和では無いと思う。
今も世界のどこかの国で内乱が起こっていたり
餓えで死んでいく子供がいる中、今の日本人はどうなの?!
「事なかれ主義=平和主義」的な政治家。
「自分の欲求の為に簡単に人の命を奪ってしまう」
「教育事情はどうなのか?」
こんな事を言い出すとキリがないね。

ダンナの友達にナイジェリア人がいるんだけど
その人はいつもこう言うの
「日本は平和だな~」って。
「そう?」って聞き返すと
「ナイジェリアじゃ暴動が起きる様な事があっても
 日本人は自分は関係ないって顔してる」って。

マミー♪が言うように、今を生きてるアタシ達が
しっかりしないとダメだよね。
って思うんだけど、毎日適当に過ごしてるんだよね~。

投稿: みゆき | 2008年8月 6日 (水) 21時55分

みゆきへ

コメありがとう。そうかも知れないね。
日本人は「平和」って言葉を自分を抑えて何事にも無関心を
装って、それで「平和」と言い聞かせている様な気がするよ。

イラク戦争が勃発した時に声を高らかに「やっぱ平和がいい」
って言ったら「○○さん!そんなこと大声で言ってはダメですよ」
って周りのヒトにいわれたの。「何で?」っていうと・・・
黙ったままでワケをいわないのよ。

「事なかれ主義」ってなんか人間として哀しくない?

怒る時は怒る!って自然の感情だし、影でこそこそ言うよりは
全然、正々堂々としていると思っちゃうんだけど・・・

ウチの近所の公園はもう既に子供の遊び場所でなくて
ホームレスたちの住処になっているの。最近ではシングルマザー
のホームレスも多いし戸籍を持たないヒトも大勢いてねー
こんな先進国があるの?って素朴な疑問を持つのよ。

それに毎日の様に医療も受けられず亡くなるホームレスもいて
もう当たり前の事と捉えて、ニュースにもならない。
国はそんな状態をもうとっくに把握しているのに、知らん顔して・・・

これ以上、経済を発展させてナニに?なるんだろうか?
って真剣に悩んでしまうことが多いの。

投稿: マミー♪ | 2008年8月 6日 (水) 22時57分

はじまして。浜省の「八月の歌」を検索して、こちらにたどり着きました。
なんやら身内の方ばかりなので、このコメントが不釣合いなら削除をお願いします。

浜省の歌とともに大人になった自分にとって、「八月の歌」は今なお生き続ける歌です。 なのに、何故今のFMさえかけてくれないのでしょうか。
この歌が発表されたのは’86年ですが、あの頃からの問題を解決しないまま時は経ち、21世紀になってからは貧困・格差の問題さえ出てきました。 たしかにイラクやアフガン・ソマリアなど内戦やテロが頻発する国よりは平和なのかもしれませんが、僕は日本は平和な国とは思っていません。 秋葉原の無差別殺傷事件もある意味で生活の困窮から起こった「テロ」だし、コンビニやファミレスなどの24時間営業は疲弊した従業員によって成り立っているのですから。 はたして、どれだけの店の「24時間営業」がほんとうに必要なのでしょうか? 
また、介護のヘルパーさんは日本人はなり手がいないからと安易な発送で東南アジア人を迎え入れますが、その前に何故フツーの日本人が激務に見合った給与形態ができないのか?
さまざまな矛盾のなかで生きてますし、それが解決しないと「八月の歌」が発したメッセージは過去のものにならないでしょう。

投稿: I was born in 1964 | 2008年8月15日 (金) 09時57分

I was born in 1964 さんへ

初めまして。コメント有難うございます。
I was born in 1964 さんの仰る通りだと思いますよ。

トンチンカンな話かも知れませんが・・・

 日本のハイスクールに通う為ホームステイをしていたフランスの
娘さんが言った「日本の印象」についての言葉を思い出しました。

 「なぜ?日本人は朝早くから起きて満員電車に乗って仕事へ
 行き、夜遅くなるまで家に帰って来れないほど仕事があるの?
 休日は家でゴロ寝するのが大好きなの?」

私は返事をし兼ねました。そしてフランスでの暮らしぶりを
話してくれました。

 「週末には仲のいい家族みんなで狩りに行ったりバーベキュー
 パーティーなどで楽しんでバカンスには海の別荘へ行って
 沢山、素敵な思い出が出来て楽しいの。」

おそらくこの娘さんの頭の中では日本は窮屈な所で
平和には映らなかったと思います。

記事にも記載しましたが・・・
>問題をあげるとキリがなくなる程の山積みで

一言に「問題解決!?」とは?生易しいことではないとも思います。

8月の歌を聴きながら今日63年目の終戦記念日を
迎えていますが・・・

私は自然の美を追求してしまいがちです。

自然の営みは、確実で美しい。然し・・・
人間の営みは、感情に支配されたまま戦いにまで発展して
してしまう。

いつの日か?リセットされることを祈るのみですね。

投稿: マミー♪ | 2008年8月15日 (金) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サークルスタイルの布箱 | トップページ | こぎん刺繍のティシュケースカバー »